もう一つ、いや二つ問題が上がってきました。

写真をご覧ください。
照明が柱についています。
室内には、この照明が二つ付いています。

これだけでは、夜になると照度が足りないので、照明を追加しようと計画しています。

最初から設置されている照明は、鉄筋に直接付けられていて位置は動かせません。
動かせないのはそれでも良いので、追加したいのですが。。。

鉄筋に直接ビスを打たないと照明が設置出来ない構造になっていました。
天井は4メートル上なので、上に設置することはできませんし、
天井のコンクリートの中は板などが渡っていないため、照明設置用のビスが打てません。
ガラスとガラスの継ぎ目の鉄骨にビスを打つ事になりますが、このビスが打てる職人さんが少ないのだそうです。
まずは、職人さん探しをする必要があります。
見つかってもいつ工事になるのか目途がなかなか立ちません。

設計会社に建築にかかわった職人さんを紹介して貰うという方法も考えましたが、
・ビスを打つことで建物の意匠を壊す
・設置費用が高くつく
・職人さんの手配がいつになるか分からない
デメリットのみ挙がってきます。

二つ目の問題は通信設備です。
この場所でワークショップを開きたいために、Wifiは完備が当たり前と思っていました。
しかも、高速大容量は必須です。

事前の確認では、ケーブルテレビの一般家庭用の契約のみとなっていて、光回線の引き込み工事が必要だと言う事でした。
光回線の引き込み工事をしたいのだが、工事が出来る回線引き込み口もしくは、宅内への引き込み出来ますか?と確認しました。
しかし「詳細は契約後に回答します」との事。。。

結局、契約後に判った事ですが、ガラスを一枚抜く工事をしないと引き込み出来ない事が判明しました。

ここに一目惚れした理由としては、とっても雰囲気が良いところなのです。
『スペシャルな時間』を提供できるところと信じて契約しました。
残念ながら、”私の目的とだけは相性が良くなかった”のです。。。

雰囲気を大切にするカフェや、
ネット回線がそんなに必要無いフラワーアレンジメント教室などにはぴったりの物件だと思います。
また、オシャレな部屋に住んでみたい!という方には一見の価値はあります。
用途に合えば魅力的な物件です。

大阪の十三コワーキングスペースのオーナーさんからは、ビルオーナーの立場としてのアドバイスを頂いたり、
インテリアデザイナーさんからも自分の用途との親和性のアドバイスを頂いたりした結果、
自分自身が出した結論としては、残念ながら7月一杯をもってこの物件を解約する決心をしました。

キッチンスタジオとして利用するには、私にはコスト的にハードルが高過ぎました。
非常に悲しい結果となりましたが、
このブログを通して、いろんな方からのアドバイスや励ましを頂いて感謝しても感謝し足りない気持ちです。

また、自分の勉強不足も痛いほど実感しました。

しかし、キッチンスタジオを諦めた訳ではありません。
キッチンスタジオに向いた場所を、今日からもう探し始めています。
費用面で大打撃を受けましたので、すぐに次の物件を契約するところまでは至りませんが、
慌てず、じっくり探して行こうと思います。

その経過はこのブログでお知らせして行こうと思います。

これから、店舗経営をしたい、起業したいと思っている方のお役に少しでも立てばうれしいです。