「桜の葉の塩漬け」・「桜の花の塩漬け」で使われる桜は何を使っているの?

桜といえば、

「桜もち」
結納の時の「桜茶」
「お菓子のトッピング」
などなど・・・花より団子のうめちゃんの発酵教室です。

さて、この食用の桜、品種は何でも良いというわけではないのです。

桜茶のの塩漬けに使われる品種

桜茶の花の塩漬け

結納の時には、
「花が咲く」という縁起をかついて
「お茶を濁す」という言葉を避けて、お茶の代わりに桜茶が出されることが多いですね。

種類は主に「八重桜」が使われています。

八重桜にもいろんな種類があって、そのなかの”関山”か”普賢象”という品種が使われています。

この2つの種類の八重桜はソメイヨシノが終わってから咲き始めるので、今からでも見に行くことができます。

ちなみに、桜茶を出される機会があったら、お茶を飲んだ後、桜の花は湯飲みに残しておく方がマナーとしては良いそうです。

桜のの塩漬けに使われる品種

産毛も少なく柔らかで食べやすい、大島桜の若葉が主に使われるそうです。

大島桜は、花びらは白なのですが、花の中央が濃いピンクになっているのが特徴です。

開花時期はソメイヨシノと同じ頃なのだそうです。

目で楽しんで、食べて楽しい桜

私の勝手な想像ですが、

食用としても愛される桜。もしかしたら、この美しさを永遠に残したいと思って行きついたのが、桜の花の塩漬け・桜の葉の塩漬けだったのでは?と、思いにふけっております。

そう考えることで、なんだかロマンティックじゃないでしょうか(笑

   

   

■ ■ ■ ■ ■ お知らせ ■ ■ ■ ■ ■

LINEオフィシャルアカウント登録おねがいします。
登録しますと「うめちゃんの発酵教室」の情報をお届けします。
・「はっこう通信」
・月ごとの発酵クラスのスケジュール
・発酵食のお手入れのお知らせ
・おトクなクーポン
登録はこちらから👇👇👇

友だち追加