世の中のみなさんはどんな風に食事を摂っているのだろう?と昔から思っていました。
それは、中学生のころから思っていました。

昔は「三食きちんと食べなさい」と言われていました。
今でこそ「朝は食べない方が良い」という説が出てきて、定着しつつあります。
また、「一日一食が健康に良い」という説が出てきて、これに賛同する人も増えてきています。

私は中学生の頃から朝は食べていませんでした。
家族は承知の上で、別段何も言われず、好きなようにさせてくれていました。
しかし、一歩外に出ると三食きちんと食べない人は「悪い人」というイメージが強くて、その頃は誰にも言えませんでした。
でも、ちゃんと学校に行って勉強をして部活もやって、一日約10キロぐらい走っている子供で、さらにバレエやらジャズダンスのレッスンにも行っており、若さという事もあり、身体のキレは良く体重も高校卒業するまでは今と同じ身長でありながらずっと46キロでした。

しかし、大学生になって飲食店のアルバイトをするようになって、三食きちんと食べる様になってきました。
体重は少しずつ増え、また、それまで食べ物の好き嫌いの塊みたいだった食生活が、出された賄い料理を残すと板前さんに叱られるという事もあり、嫌いな物も(しぶしぶではありますが)食べる様になりました。

社会人になる頃には、好き嫌いもすっかり減り、三食食べていました。
お昼休みになると、お腹が減っていようが、減っていまいが、ベルトコンベアの様に食事に追い出されてしまいます。
どんどん体重は増え、疲れやすくなり、食事の後は物凄い眠気に襲われ、次第に食べる事がしんどくなって来ました。

閑話休題

美味しい物を食べるのは大好きです。
しかし、ここ5年ばかり「食べる事がしんどい」と思い始めました。
不思議ですね。

社会人を卒業した今、
朝はグリーンスムージーとフルーツ(グリーンスムージーには日によって亜麻仁油かココナッツオイルを入れています)
昼はしっかり食べます。
夜は昼の食事の消化具合で、量を決めています。
まだ、なーんとなく胃に残っているなぁと思ったら軽くしか食べないし、お腹空いた!と思ったらしっかり食べます。

そうしたら、少しずつ肌の調子が良くなってきています。
そりゃあ、年相応のシミだってそばかすだって皺だってあります。
しかし、化粧水も乳液も高価な美容液も使わないでも、生活できています。

自分に合った食事の摂り方を、自分の身体に耳を澄ませながらこれからの「食事が楽しくて、健康な人生」を送っていきたいと思っているこの頃です。

※写真はキッチンスタジオにあるお風呂です。使用はしないですが、オシャレなお風呂なんですよ。