心強い仲間はいるもんだ

不動産屋はアテにならない。

古民家自体東京に少ない。

さーて困った。

「困った。困った。困った。」を連発していたら、仲間と言うのはありがたいものです。

ブログ仲間「AHA LIFE」のtomoko3さんからメッセージが届きました。

東京R不動産が結構いい物件が揃っているみたい』

 

ほぉぉーーー!

と思ってサイトに行ってみました。

 

時を同じくして、2年前からワークショップを受けたご縁で何かとお世話になっている

自分にOKを出して前に進む」の大塚彩子さんにも

東京R不動産が面白い物件があるよ』と教えて貰ったのです。

なるほど!と思って、面白いと感じた物件を片っ端からPCのメモ帳に書き出して行きました。

 

一方、自分でもサイトで探してみようと思って、他に良い不動産屋があるかを探してみました。

そうなんですー。物件を探す前に『不動産屋探し』から始めなくてはいけないものなんですね。

 

そこで自分で見つけた不動産屋が『東京スタイルCC

東京スタイルCC』はデザイナーズマンションを多く手掛けているほか、古民家を改装したキッチンスタジオをリノベーションもした実績があるそうです。

 

もう一件見つけた不動産屋が『REISM

REISM』は古民家は扱っていないけれど、オシャレな物件がいっぱい!!!

こちらは築年数の経過したマンションや一戸建てをリノベーションしてから、賃貸物件として提供してくれるシステム

しかも、リノベーションには、

コンセプトルーム、つまり”キッチンが主役のお部屋”など、コンセプトがはっきり明確でリノベーションされているので、

部屋の中の写真を見ただけで、自分のやりたい目的とお部屋の創りが一致しているか、すぐに分かるところが良いです。

”本棚”コンセプトにしたBookという物件があったり、面白い着眼点です。

 

不動産屋比較 あくまでも当社比

実際に、見てみたいなと思った物件は、片っ端からPCのメモ帳

(できればExcelにまとめておけば、リンクに飛びやすくて良かった。。)に書き出して、

・金額

・立地条件

・部屋の作り

などを比較検討して、不動産屋にメールで問合せするという流れです。

そこで、実際に内覧のアポイントメントが取れる事になります。

東京R不動産

東京R不動産

●良かった点

物件数豊富で、一風変わった物件が多いので、サイトを見ているだけでも面白い。

住居用だけでなく、事務所利用・店舗利用の別サイトのリンクもあるところが良い。

●悪かった点

内覧をしたいという連絡をしても、10回に2回ぐらいしか返事が来ない。

やっと来た返事にも2/3ぐらいの物件は既に契約済みだった。

物件数が多い分、物件の動きも早いのかもしれない。

しかし、契約済みならそうと早目に返信が欲しい。こちらも次の手を打てる。

REISM

REISM

●良かった点

営業の方がすぐに返事をくれるので、内覧のスケジュールが立てやすい。

若い営業の方が多いけれど、対応も親切丁寧。

●悪かった点

住居用の物件が充実していて、事務所用・店舗用の物件が少ない。

気に入った物件でも、オーナーが事務所利用NGのケースが多い。

問合せ時点で”SOHO””事務所””店舗”どこまでOKなのかを確認した方が良い。

東京スタイルCC

東京スタイルCC

●良かった点

営業の方がすぐに返事をくれるので、内覧のスケジュールが立てやすい。

若い営業の方が多いけれど、対応も親切丁寧。

不動産屋でもあり、リノベーションも手掛けているので、内装を変えたい時は相談しやすい。

●悪かった点

『REISM』同様、住居用の物件が充実していて、事務所用・店舗用の物件が少ない。

駅から若干遠い物件が多い。

 

スピード大切

3つの不動産屋さんに目星をつけて、そのうちレスポンスの良い『東京スタイルCC』と『REISM』に物件を紹介して貰って内覧をしました。

一方、古民家が本当に見つからない現状にもぶつかっているので、自治体にも相談して、貸してくれる古民家があれば紹介して貰える様にお願いもしていました。

しかし、自治体からのお返事は「いままで仲介の実績はありますが、本当になかなか貸してくれるとことは滅多に無いですよ」と言っていたので、古民家は長期戦と考え、探しつつも古民家にこだわらないキッチンスタジオがやれる物件を探すことにしました。

 

そして、物件探しの旅はつづく。。。